自閉症総合援助センター

自閉症総合援助センターは、早期療育・発達支援・生活支援・就労支援・余暇支援・相談支援・普及啓発・人材育成に取り組むとともに、老年期、親亡き後、看取りにいたるまでのライフステージを一貫して支援するために、将来的には高齢者対応ユニットやグループホーム、居宅介護などの体制整備に取り組みます。

※各施設名をクリックすると、各施設のホームページへ移動します。

めぶき園

障害者支援施設

生活介護(40名) 就労継続支援B型(20名) 施設入所支援(30名)

昼夜一体のサービスを提供するとともに、安心感と信頼関係に基づいた支援をおこない、自閉症者が生き生き生活出来る場所を目指しています。

ケアホーム かわしま

共同生活援助

地域での共生、社会参加ができるよう支援し、地域での自立生活を実現することを目標とします。

家庭的な雰囲気で、個別的なケアを提供します。

地域で安心して暮らせるように、余暇を充実させて、快適な生活の場を目指します。

なごみ

こども才能支援センター

午前中は児童発達支援事業、午後は放課後等デイサービス事業を行い、自己肯定感や安心感の獲得をベースとしながら、それぞれの通園児の持ち味を伸ばせるような、才能支援に特化した療育を目指していきます。

また、ライフステージを通した支援のための取り組みを充実させていきます。

大分なごみ園

こども発達支援センター

誰もが地域の中で安心しながら暮らしていくために、発達支援の拠点となるための相談支援や、子ども1人ひとりの「特性」や「課題」に応じた発達支援、合理的配慮にもとづいた環境の推進を、諸機関と連携しながらすすめています。

戸次なごみ園

放課後等デイサービス

支援ネットワークの形成と共に自立と社会参加を図ることを目的に支援します。

らすかる

ホームヘルプサービスセンター

日常生活を営む際に支援を必要とする障がい児・者の家庭などにヘルパーを派遣して適切な居宅介護の支援を提供し、障がい児・者の生活の安定や自立、社会参加を促進しています。

どんこの里いぬかい

障害福祉サービス事業所

人権と主体性を尊重し、利用者が自立した日常生活及び社会生活を営めることを目標とします。地域や家族との結びつきを重視し、安心感と信頼関係に基づき、チームワークによる支援を行います。就労に必要な知識及び技能の向上に努め、関係機関と連携し可能なかぎり一般就労を目指します。

プラス

特定相談支援事業所

利用者の事情を勘案し、自立した生活営むことができるよう、社会福祉サービスの利用計画を作成するとともに、相談支援サービスを提供します。

また福祉サービスの提供が確保されるよう連絡調整を行います。